2010年05月24日

小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)

 「小沢議員について、起訴済みの会計責任者らと共謀し、犯罪行為を実行したと認めるに足る確証は得られなかった」。東京地検の大鶴基成次席検事と佐久間達哉特捜部長は21日午後5時すぎから、東京・霞が関の検察合同庁舎で、小沢一郎民主党幹事長を不起訴処分とした会見を行い、大鶴次席検事は処分理由をゆっくりと2度繰り返した。

 会見で再捜査当初から不起訴に傾いていたのでは−との質問が出ると、大鶴次席検事はやや声を強め「議決を参考に、それまでの証拠と再捜査で得た証拠でもう一度判断した」と厳正な判断を強調した。

 平成21年3月の西松建設違法献金事件から小沢氏側への捜査指揮を担ってきた佐久間部長は「再捜査の結果も踏まえたが、証拠に変わりはなかった」と語った。

 捜査終結かとの問いには大鶴次席検事が「前回も捜査すべき事項は捜査したと申し上げた。それでお分かりいただきたい」とした。

 最後に、起訴相当議決から再処分まで約3週間だったことを問われると、大鶴次席検事は「第1次処分でも捜査を尽くした。今までの捜査があり、短すぎということにはならない。十分判断できると考えて処分した」と淡々と語った。

【関連記事】
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談
小沢氏「普天間、すんなりいかない」
福田元首相「輿石氏こけたら、小沢さんは、やりようなくなる」
郵政票目当て?小沢氏、亀井氏に「合併」打診するも振られる
中国が優等生路線に?

大阪・府営住宅から小5男児が転落?死亡(読売新聞)
大阪市三セク元所長を逮捕 回数券1470万円分横領容疑(産経新聞)
イラン追加制裁 中露も合意(産経新聞)
<沖縄>本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中(毎日新聞)
殺人 トランクにタクシー運転手の遺体 放火も? 平塚(毎日新聞)
posted by ヒキチ マモル at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。